安い医療脱毛の実態について

安い医療脱毛クリニックだと勧誘されるのか心配している人が多いですが、全くそんな心配はいりません。その理由をご説明します。

医療脱毛にデメリットはあるの?

医療脱毛にはメリットがたくさんありますが、デメリットはあるのでしょうか。

デメリットに関しては、多少はあるようなのでそれも理解しておき、施術を受けるようにしましょう。

《施術が受けられない例もある》

医療脱毛はクリニックで施術されるため、多少の肌トラブルがあっても受けられることが多いのですが、中には受けられない例もあります。

例えばひどく日焼けをした肌だとか、白髪、薄い毛には施術ができない場合があります。

レーザーはメラニン(黒い色)に反応するようになっているため、日焼けした肌だとやけどの可能性があり、白髪や薄い毛には反応しづらいのです。

《肌に負担がかかる恐れも》

サロンで行われている脱毛よりも医療脱毛はレーザーが強力です。

そのため肌に負担がかかることがあり、施術後に赤みが出たり、ヒリヒリ感があったりすることがあります。

《デメリット対策をしているところも増えてきた》

施術が受けられない日焼け肌や薄い毛に関しては、そういった肌でも照射できる器械を使っているクリニックも増えてきましたし、肌に負担がかからない方法も出てきています。

また、費用面に関してもやや高めと言われていましたが、安い医療脱毛を行うクリニックも増えてきました。

安いからといって技術がいい加減ということはなく、周囲との価格競争で段々と安くなってきているようです。

医療脱毛についてのデメリットは、徐々に無くなってきているように感じます。

自分が行こうと考えているところでは、どんな器械を使っているか、肌トラブル対策はどうしているかなどを確認しておくと安心です。


Categorised as: 医療脱毛のデメリット

Comments are disabled on this post


Comments are closed.